掲載数
60,842作品

検索ボタン

人気の洋画を観るならコレだ! 動画配信サービスから選ぶ洋画ランキング

洋画

洋画

掲載数19,659作品

このページでは、洋画作品を中心に、どの動画サービスで視聴できるのかなどお得な動画サービス選びをご紹介します。洋画の配信数や無料で視聴できる見放題作品を元にした動画サービス比較ランキングにも注目です。

洋画配信数 ランキング

掲載数

掲載数

見放題

1位 1位 TSUTAYA 1位 1位TSUTAYA

公式ページ

4124作品

4124作品

4124作品 TSUTAYA公式ページ
-作品
2位 2位 dTV 2位 2位dTV

公式ページ

3317作品

3317作品

3317作品 dTV公式ページ

2641作品

2641作品
3位 3位 U-NEXT 3位 3位U-NEXT

公式ページ

2000作品

2000作品

2000作品 U-NEXT公式ページ

1146作品

1146作品
4位 Hulu 4位Hulu

公式ページ

1079作品

1079作品

1079作品 Hulu公式ページ

1079作品

1079作品

洋画でもTSUTAYAがNo.1となりました。洋画作品は最新作品以外は無料視聴できる作品も多く配信されているのが特徴です。

TSUTAYAの特徴

洋画作品におけるTSUTAYATVの特徴は、やはり作品数がダントツで多いところでしょう。他の動画サービスとは違い、DVDでのレンタルも可能で直店舗を持っていることも強みといえます。

TSUTAYATVはDISCASといわれる宅配レンタルサービスの併用もできるので、洋画作品で動画サービスを選びたい人にもオススメできる動画サービスとなります。

>> TSUTAYA 公式ページ

最新 洋画作品一覧

洋画作品の最新情報をもっとみる

最新作品情報

ザ・ウォール(2017)

アメリカ軍狙撃手・アイザックとマシューズは、イラクの荒廃した村で敵を狙っていた。だが、2人は予想外の銃撃に遭い、マシューズは倒れ、アイザックは脚にけがを負ってしまう。身動きの取れないアイザックが諦めかけたその時、無線から声が届くが…。

ザ・ウォール(2017) 動画はこちら

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。

スティーヴン・キングの傑作小説を『MAMA』のアンディ・ムスキエティ監督が映画化。静かな田舎町で児童失踪事件が相次いで発生。弟が消息を絶ち、悲しみに暮れるビルの前に突如“それ”が現れる。ビルは仲間と共に“それ”に立ち向かおうとするが…。※R15+※一般告知解禁日:1月12日

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。 動画はこちら

ロッキー・ホラー・ショー:タイムワープ・アゲイン

『マイケル・ジャクソン THIS IS IT』を手掛けたケニー・オルテガが、ロックミュージカルの名作をリメイク。ある夜、車を運転中に嵐に遭い、不気味な城へ避難して来た若いカップル。だが、その城の主、フランクン・フルター博士は狂気の科学者で…。※一般告知解禁日:7月20日

ロッキー・ホラー・ショー:タイムワープ・アゲイン 動画はこちら

ライフ

火星で採取された地球外生命体を極秘調査するため、世界各国から6人の宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)に集結。彼らは世紀の大発見である神秘的な地球外生命体の生態に驚がくする。細胞だった生命体は急速な進化を遂げて高い知能を手に入れ…。

ライフ 動画はこちら

動画配信における洋画の特徴

洋画作品はジャンル中で最も配信数が多いジャンルとなっています。海外ドラマと違い、配信期間も比較的長いのも特徴です。

動画サービス別にみるとやはりTSUTAYAがトップとなり、次いでdTV、UNEXTとなります。
海外作品を多く配信しているHuluですが、総配信数が少ないこともあり4位という結果となっています。