掲載数
67,499作品

検索ボタン

人気のドラマを観るならコレだ! 動画配信サービスから選ぶドラマランキング

ドラマ

ドラマ

掲載数4,183作品

このページでは、国内ドラマで放送されているドラマを中心に、どの動画サービスで視聴できるのかなどお得な動画サービス選びをご紹介します。ドラマの配信数や無料で視聴できる見放題作品を元にした動画サービス比較ランキングにも注目です。

ドラマ配信数 ランキング

掲載数

掲載数

見放題

1位 1位 U-NEXT 1位 1位U-NEXT

公式ページ

640作品

640作品

640作品 U-NEXT公式ページ

341作品

341作品
2位 2位 TSUTAYA 2位 2位TSUTAYA

公式ページ

544作品

544作品

544作品 TSUTAYA公式ページ
-作品
3位 3位 dTV 3位 3位dTV

公式ページ

309作品

309作品

309作品 dTV公式ページ

309作品

309作品

配信数はUNEXTがNo.1。見放題作品でもUNEXTもトップという結果となりました。次いで、TSUTAYA、dT、Huluと続きますが、見放題作品数でみると、Huluでの作品数も目立ちます。

U-NEXTの特徴

国内ドラマにおけるUNEXTの特徴は、配信数だけではありません。 特に放送中の国内ドラマのカバー率80%以上もあり、huluやdTVなど他動画サービスを大きく差をつけています。

さらにUNEXTには電子書籍サービスも用意されており、ドラマの元になっている漫画作品を読むことができます。

最新 ドラマ作品一覧

ドラマ作品の最新情報をもっとみる

2017年夏ドラマ シリーズ作品

遺留捜査

今季より刑事7人はシリーズ3作目に突入します。放送開始は7月12日よりスタートします。舞台を<東京臨海エリア>にかえて、新しく発足された「第11方面本部準備室」にあの7人が集められます。初期メンバー、永沢圭太(鈴木浩介)がシリーズ2で殉職してしまいましたが、天樹悠(東山紀之)ほか、お馴染みメンバーが登場します。本作では天樹の妻子の事故の真相にも迫ります。シリーズ1をUNEXTにて配信しています。

コードブルー

7月17日より、コードブルーSeason3が約7年ぶりにスタート。当初フェロードクターだった白石(新垣結衣)ほか、研修医を指導する立場になっています。藍沢(山下智久)はドクターヘリから離れて、脳外科医になり、別の道へ進んでいます。脚本家が林修司から安達奈緒子に変わり、恋愛面での進展にも注目です。

刑事7人

今季より刑事7人はシリーズ3作目に突入します。放送開始は7月12日よりスタートします。舞台を<東京臨海エリア>にかえて、新しく発足された「第11方面本部準備室」にあの7人が集められます。初期メンバー、永沢圭太(鈴木浩介)がシリーズ2で殉職してしまいましたが、天樹悠(東山紀之)ほか、お馴染みメンバーが登場します。本作では天樹の妻子の事故の真相にも迫ります。シリーズ1をUNEXTにて配信しています。

黒革の手帖

松本清張の人気小説が武井咲主演で、連続ドラマとしてかえってきます。平凡な銀行OL・原口元子が、銀行の機密事項を書き留めた黒革の手帖を楯に1億2千万円を横領するところからはじまります。過去シリーズはhuluほか、動画配信サービスで配信開始しました。

最新作品情報

橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり 三時間スペシャル2018

橋田壽賀子ドラマ 渡る世間は鬼ばかり 三時間スペシャル2018 動画はこちら

文学処女

出版社に勤める月白鹿子は恋愛経験のない26歳。念願の文芸編集部に配属された鹿子が担当に任命されたのは、超売れっ子ミステリー作家・加賀屋朔だった。加賀屋のドライな態度や思わせぶりな行動に、現実の恋を知らなかった鹿子は徐々に心惹かれていき…。

文学処女 動画はこちら

バスガイド愛子1 これが最後の恋

古都・鎌倉を舞台に、バスガイドの淡い恋物語を明るいタッチで描く、市原悦子主演の人気シリーズ第1弾。バスガイドの愛子は夫には先立たれたものの3人の子供や義父と楽しく暮らしている。愛子は男性にほれっぽく、いろいろな男性と恋をしてきたが、成就したことがない。ある日、また懲りずに恋をした愛子。どうなるこ...

バスガイド愛子1 これが最後の恋 動画はこちら

今夜もLL(LIVE&LOVE)Episode 3「僕らのライブ大事件」

バックステージスリリングサスペンス!デビューライブを控えたWEBERの元に爆破予告の脅迫状が届く。ライブを開催しても中止しても爆発するという内容に現場は大混乱・・・

今夜もLL(LIVE&LOVE)Episode 3「僕らのライブ大事件」 動画はこちら

こんな未来は聞いてない!!

こんな未来は聞いてない!! 動画はこちら

動画配信におけるドラマの特徴

全体の配信数トップのTSUTAYAを抑えて、UNEXTが配信数No.1となりました。

配信数の半分が見放題作品であることや、電子書籍サービスとの連動も魅力のポイントといえます。動画サービスにおける国内ドラマの特徴として、海外ドラマと同様、各社オリジナル作品にも力をいれています。

特にdTVでは、映画作品のスピンオフドラマ(進撃の巨人 / ウシジマくん)をいちはやく展開しています。dTVの前身であるBeeTV(現在はdTV内サービスとなります)で、オリジナル作品を提供していたこともあり、他のサービスに差をつけています。

冬ドラマ
2017年版