掲載数
58,424作品

検索ボタン

人気のドラマを観るならコレだ! 動画配信サービスから選ぶドラマランキング

ドラマ

ドラマ

掲載数3,776作品

このページでは、国内ドラマで放送されているドラマを中心に、どの動画サービスで視聴できるのかなどお得な動画サービス選びをご紹介します。ドラマの配信数や無料で視聴できる見放題作品を元にした動画サービス比較ランキングにも注目です。

ドラマ配信数 ランキング

掲載数

掲載数

見放題

1位 1位 U-NEXT 1位 1位U-NEXT

公式ページ

640作品

640作品

640作品 U-NEXT公式ページ

341作品

341作品
2位 2位 TSUTAYA 2位 2位TSUTAYA

公式ページ

544作品

544作品

544作品 TSUTAYA公式ページ
-作品
3位 3位 dTV 3位 3位dTV

公式ページ

309作品

309作品

309作品 dTV公式ページ

309作品

309作品

配信数はUNEXTがNo.1。見放題作品でもUNEXTもトップという結果となりました。次いで、TSUTAYA、dT、Huluと続きますが、見放題作品数でみると、Huluでの作品数も目立ちます。

U-NEXTの特徴

国内ドラマにおけるUNEXTの特徴は、配信数だけではありません。 特に放送中の国内ドラマのカバー率80%以上もあり、huluやdTVなど他動画サービスを大きく差をつけています。

さらにUNEXTには電子書籍サービスも用意されており、ドラマの元になっている漫画作品を読むことができます。

最新 ドラマ作品一覧

ドラマ作品の最新情報をもっとみる

2017年春ドラマ シリーズ作品

兄に愛されすぎて困ってます

告白12連敗中の非モテ女子高生・せとかは、ある日、兄・はるかと血が繋がっていないことを知る。これを機に、せとかに突如モテ期が到来。初恋の相手で研修医の高嶺、王子様系の先輩・千秋、幼なじみの国光、そしてはるかに囲まれ、パニックに陥る。

SRサイタマノラッパ

「SHO-GUNG」の仲間と別れ上京したマイティはラップを断ち切ることができず、先輩ヒップホップクルー「極悪鳥」の手伝いをしながらメンバーに入る機会を窺っていた。しかし現実は厳しく、ある事件をきっかけに彼は追われる身となってしまう。

緊急取調室

女刑事・真壁は、ある事件の責任を取り、緊急事案対応取調班・通称キントリに異動。被疑者の人権に配慮し可視化設備が整えられた取調室で、合法的な手法のみで証言や自白を促す専門班だ。真壁は、「おばはん」呼ばわりする班の面々と早々にぶつかり合う。

9係 警視庁捜査一課

「警視庁捜査一課9係」の刑事たちは、個性が強すぎるがゆえに捜査中に対立することは日常茶飯事。とはいえ、「昼行灯」と揶揄されているが実はキレ者の加納倫太郎係長の下、最後はそれぞれの熱い正義感でひとつにまとまり難事件を解決していく。

孤独のグルメ

古くからの友人の依頼を受けて宮城県・仙台へやって来た井之頭五郎。女川町で行われるイベントの手伝いを頼まれるが、まずは仙台名物・牛タンを食して精を付ける。翌日、女川町で一仕事を終えて腹を空かした五郎は、軽トラに乗り込み店を探すが…。

青春手控え

『寝ずの番』の中井貴一のTVドラマ初主演作となった青春時代劇の傑作選第4巻。江戸を舞台に、医者を志す青年・立花登が岡っ引きの藤森親分らとさまざまな事件に関わりながら成長していく。第20話「しぐれみち」のほか、第22話と最終第23話を収録。

釣りバカ日誌

鈴木建設入社2年目のハマちゃんは会社のビッグプロジェクト・フィッシングワールド視察のため、初の出張を命じられる。当初は出張を嫌がっていたハマちゃん。しかし、行き先が伊勢・志摩だと知った途端に釣りバカ根性に火が付いて…。

ワカコ酒

U-NEXT hulu dtv TSUTAYA TV
ワカコ酒Season1 - -
ワカコ酒Season2 - -

最新作品情報

誤差

山梨県の温泉宿・川田屋で絞殺体が見つかった。山梨県警の山岡慶一郎は部下の伊崎美里と現場へ急行。事件の調査と湯治客への聴取を開始する。一方、被害者を解剖した法医学教授・立花亮介は、遺体に吉川線と呼ばれる傷を発見。その傷には気になる点があった。

誤差 動画はこちら

トモダチゲーム

高校の修学旅行費としてクラス全員から集めた200万円が消えた。責任を感じた副委員長・沢良宜志法から手紙で呼び出された片切友一が指定された場所に行くと、そこには友一から呼び出されたという志法、美笠天智、四部誠、心木ゆとりがいた…。

トモダチゲーム 動画はこちら

動画配信におけるドラマの特徴

全体の配信数トップのTSUTAYAを抑えて、UNEXTが配信数No.1となりました。

配信数の半分が見放題作品であることや、電子書籍サービスとの連動も魅力のポイントといえます。動画サービスにおける国内ドラマの特徴として、海外ドラマと同様、各社オリジナル作品にも力をいれています。

特にdTVでは、映画作品のスピンオフドラマ(進撃の巨人 / ウシジマくん)をいちはやく展開しています。dTVの前身であるBeeTV(現在はdTV内サービスとなります)で、オリジナル作品を提供していたこともあり、他のサービスに差をつけています。