掲載数
60,257作品

検索ボタン

【UNEXT編】ChromecastとAmazonFireTVStickを徹底比較! 用途、性能の違いを徹底解説

unext chromecast
引用:http://chromesoku.com

UNEXTの動画を楽しむなら、パソコンやスマホの小さい画面で楽しむよりも、やっぱり大画面で楽しみたいですよね。ChromecastやFireTVStickがあれば、簡単にテレビで動画を視聴することができます。そこでChromecastやFireTVStickの性能や使いやすさなど徹底比較してみました。

 

高性能なUNEXTだからできる! 機能別比較

dTVは、月額500円という低価格路線の動画配信サービスですが、UNEXT同様に「個別課金」があったり、dTVターミナルといういわれる「専用デバイス」が用意されるなど共通点が多いサービスでもあります。この項では、UNEXTとdTVを「配信数」から実際の機能面まで性能の違いをまとめましたので、ご覧ください。

 

UNEXTdTV
画質フルHD・HD・SDHD・SD・4K ※1
音質5.1ch-
対応端末主要テレビメーカ対応、Chromecast、AmazonFireTV、NexusPlayerなどテレビ(ブラビア、ビエラ)、Chromecast、AmazonFireTV、NexusPlayer、AppleTVなど

※1 4Kは一部ミュージックビデオのみ

画質面では、UNEXTがフルHDにも対応しており、dTVよりも高機能です。さらに、dTVに関しては、HDとSDと価格帯が異なるため、HDをみるためにはSDより高い金額で購入する必要があります。1UNEXTはすべて同じ金額で視聴することができますし、フルHDに対応している作品も多めです。2016年から4Kに対応開始しているdTVですが、一部のミュージックビデオのみにしか対応していません。

対応端末に関しても、UNEXTは主要メーカーのテレビでの視聴が可能です。若干dTVがAppleTVに対応しているなどメディアストリーミング端末に優位がありますが、テレビ自体に対応していれば、この端末さえ必要ありません。

テレビで見るうえで、「高画質」、「テレビ対応有無」はとても重要なポイントなので、この2つをおさえているUNEXTをオススメします。

 

作品数

まずは、作品数をみていきましょう。

UNEXTの作品数は、120,000本以上あり、そのうち月額費用だけで見放題な作品が20,000本以上あります。見放題には含まれませんが、最新の映画やドラマも配信され、コンテンツが充実しています。dTVは120,000本以上ですが、ミュージックビデオやカラオケビデオなども含まれるため、実質的には作品数はUNEXTに比べると少なくなっています。

これは、あまり知られていませんが、UNEXTではフジ系列作品がデバイスによって一部制限されています。chromecastやPCでは視聴できませんが、「amazonfireTVStick」と「ポータルテレビ」で、フジ系列作品の再生が可能となるので、テレビの大画面で動画を楽しみたいときにはおすすめです。

 

画質編

画質に関しては、表示側(サービス側)と出力側(端末側)が関係します。例えば、表示側の動画サービスが仮にフルHDに対応していても、出力側がフルHDに対応している必要があります。出力側つまり、ChromecastやFireTVStickは、解像度は「1080P」まで出力可能なので、HDまで出力することが可能です。さらにAmazonFireTVに関しては、4Kまで対応可能です。

ただUNEXTに関しては、4Kは未対応、dTVに関しても一部ミュージックビデオのみとなっています。

 

音質編

つぎに、音質に関して解説していきます。

amazonFireTVStickは、「ドルビーサウンド」に対応しています。ドルビーサウンドはデジタル5.1chやdts5.1と違い、全体の音声が独立せず、一体感があるので、臨場感溢れるサウンドを楽しめる音質です。chormecastはドルビーサウンドに対応していないので、臨場感溢れる環境で動画を楽しみたい方にはamazonFireTVStick一択となります。

 

再生・インターネット環境

つぎに、再生機能やインターネット環境などについて解説していきます。

ChromecastとFireTVStickはそれぞれ異なる通信接続を行い、動画を再生しています。chromecastに関しては、ミラーリング機能を採用しておりアプリ経由で再生をおこないます。

このため、アプリに大きく依存するため再生途中に落ちてしまう現象が多いようです。すぐに動画を楽しみたいときにアプリが落ちる時にテンションも一緒に落ちてしまいます。 また第1世代は障害に弱いので、chromecastを購入しようと考えてる方は第1世代は避けたほうがいいでしょう。

一方、amazonFireTVStickは端末機のHDを使い再生している「据え置きタイプ」なので、落ちにくいといわれています。

アプリが落ちてイライラする時間がないので快適に動画を楽しむことができます。FireTVStickは、さらにwifi規格が有能で、有線も可能なのでとても便利です。またFireTVStickはaiplayも使えるので、スマホからも操作可能です。

 

操作編

つぎに、再生操作について解説していきます。

chromecastは、スマホをリモコンとして使うことができます。手元の画面を見ながら操作できるのでとても使いやすいですが、先ほども記述しした通り、スマホのみの操作なので、アプリが落ちるなどの不具合が発生します。

amazonFireTVStickは、「リモコン」と「スマホ」が可能です。

FireTVStickと同封されているリモコンですが、検索欄に文字を入力する時は50音の表から1つ1つ文字を入力しなければならないので手間なので、音声認識を使う方法もありますが、音声認識が付いているリモコンは少々値段が高くなります。

FireTVに関しては、専用アプリがあり、スマホでの操作可能なので、スマホから素早く検索するということが可能です。スマホには音声認識が付いているので、音声認識付きのリモコンはいらないかな、という感じです。ただ音声機能は「amaoznビデオ」のみとなるため、UNEXTでは音声機能を利用することはできません。

 

個別課金

つぎに、個別課金、決済方法について解説していきます。

chromecastは、アプリ内課金がNGとなっているので、勝手に課金してしまった!などのトラブルは一切ありません。※ポイント使用は可、購入する場合はPCもしくはスマホ経由

amazonFireTVStickに関しては、amazon経由で課金可能となっているので、見たい作品があった時は購入して見ることができます(FireTV内で決済設定の必要があります)。

 

まとめ

私はChromecastとAmazonFireTVStickのどちらも使用していますが、やはりAmazonFireTVStickをおすすめします。コンテンツが非常に充実しています。Amazonプライムの映画やドラマだけでなく、UNEXTやdTVなどの動画サイトも楽しめますし、さらにゲームや音楽も楽しむことができるのでおすすめです!

U-NEXT 関連記事
UNEXTプリペイドの発行の流れ
UNEXTでもHulu同様、プリペイドカードが用意されています。販売場所はコンビニ・ヤマダ電気・ドンキホーテなど複数店舗で購入可能です。UNEXTプリペイドの登録手順について登録手順公式ページへアクセ...
UNEXTでデビットカードは使える?!クレジットカード無しで利用する方法
動画配信サービスを利用する時はどのサイトでも支払い方法を選択しますよね。huluやdTVなんかはデビットカードで支払いができるけど、unextは使えるの?と思ってネットサイトを検索している方も多いと...
UNEXTの支払方法、クレジットカードの支払変更など質問まとめ
引用:UNEXT 月額1,990円で120,000本以上の映画やドラマ、200,000冊以上のコミックや書籍、70誌以上の雑誌など、様々なコンテンツが楽しめるunext。テレビやパソコンなど、場所や使...
UNEXTでPS3を視聴できない?!ゲーム機でU-NEXTを視聴できる対応機種まとめ
様々なデバイスで楽しむことができるU-NEXTですが、残念ながらps3では視聴することができません。では他のゲーム機では視聴できるのでしょうか。気になるので調べてみました。 UNEXTを視聴可能なゲー...
【UNEXT編】ChromecastとAmazonFireTVStickを徹底比較! 用途、性能の違いを徹底解説
引用:http://chromesoku.comUNEXTの動画を楽しむなら、パソコンやスマホの小さい画面で楽しむよりも、やっぱり大画面で楽しみたいですよね。ChromecastやFireTVStic...

スタッフいちおし!ランキング

  • 1位

    1

  • 2位

    2

  • 3位

    3

  • 4

  • 5