掲載数
58,424作品

検索ボタン

UNEXT TVを徹底解説!UNEXTをテレビで見る方法・接続設定など

UNEXTをテレビで見るなら、UNEXT TVがオススメ!

画質が綺麗で安定したインターネット環境でテレビを視聴したいなら、テレビ専用デバイスのUNEXT TVがオススメです。

UNEXT TVは2014年8月15日 Huaweiから販売されているHDMI端末接続型のテレビデバイスです。他にテレビで視聴できる端末には、Chromecast、AmazonFireTV、ゲーム機がUNEXTを視聴することができます。

 

UNEXT TVのスペック性能

unexttv
引用:HUAWEI
UNEXT TV
金額 9800円
WiFi規格 802.11b/g/n
リモコン
リモコン音声機能付き有無 -
HDMIケーブル
microSDカード
USBポート
メモリ 1GB RAM/ 4GB ROM
OS Android4.2
メーカ HUAWEI
重さ 213.8g

 

OSは、Android 4.2で、1GB RAM、4GB ROMを搭載、USBポートが付いているのでWiFiだけでなく有線接続も可能

なお、UNEXTはUNEXTV以外にもテレビで視聴できます。Chromecast Vs FireTVを徹底比較記事にも書きましたが、もちろんChromecast、FireTVでの視聴も可能です。

UNEXT テレビ対応機種はこちら

UNEXT ゲーム機(PS3)はこちら

 

WiFi規格 802.11b/g/n

Chromecastの第1世代が使っている規格で、AmazonFireやAppleTVで比べると電波干渉を受けやすいので壁などの障害物には弱いですが、利用範囲が広く、最大速度は54Mbpsまで出すことができます。

 

特徴1:テレビ視聴限定作品あり

UNEXT TVの一番の特徴を挙げるとしたら、PCやスマホで視聴できない限定作品をみることができます。視聴できる作品の中でオススメしたいのは、フジテレビで放送されたドラマ作品で特に現在放送中のドラマを視聴することができます。

 

特徴2:安定したインターネット環境

テレビで視聴する目的の中に快適なインターネット環境で動画を視聴したいという要望は多いかと思います。

UNEXT TVでは、Chromecastのようにアプリから操作する方法ではなく、据え置きタイプでアプリをデバイス側にダウンロードして使います。なので、アプリが落ちるということはまずありません。

さらにUNEXT TVには、10/100 Base-T Ehernetで有線で接続することもできます。

 

特徴3:解像度・音質も自由変更

UNEXT TVはマルチデバイスの中でも、自由度が高いデバイスです。

HDMI端末の解像度を1080P、1080i、720P、480Pから変更することができます。オート機能もあり。他にも音質のオーディオアウトプットをSPDIFビットストリーム、HDMIビットストリームから選択することができます。AVアンプが自宅にある場合は、SPDIF端末より接続すれば大迫力の音量で映画作品をみることも可能です。

UNEXT TVのOSはAndroidで動作しています。なので、PCやスマホのように動作が重いアプリを強制的に停止させたりすることができるなど自由度が高いデバイス端末となっています。

 

特徴4:撮影した画像や動画をテレビでも

UNEXT TVには、microSDカードを差し込むことで、自分が撮った画像や動画、さらに音楽などをテレビでみることができます。※microSDカードは別売り

さらに、miraCast(ミラキャスト)も搭載されているので、iOSやAndroid端末の画面をテレビ画面に映すことができます。AmazonFireでもスマホ端末をテレビで投影することができますが、有料アプリをダウンロードする必要があるので、無料で利用できるのは嬉しいところです。

他にもLIVE TVという機能があり、UNEXT TV経由からHDMI端末をつなけば、テレビに出力することができます。HDMI出力が付いていないビデオカメラなどをお持ちの方は活用してみてはいかがでしょうか。

 

UNEXT TVの評判

U-NEXT 公式ページ

UNEXT TVの評判はテレビデバイスとしての評判は上々なのですが、若干価格が高いことが気になるところです。同じ据え置きのマルチデバイスでいうと、AmazonFireTV、AppleTV、NexusPlayerといったところでしょうか。

AmazonFireTVに関しては、対応アプリも豊富に用意されており、U-NEXTはもちろん、Hulu、Netflix、dTVなどほとんど動画サービスがAmazonFireで視聴することが可能です。WiFi環境も802.11a/b/g/nを採用しているので、5GHzと障害物にも強くより安定した視聴環境が揃っています。さらに価格も4980円という低価格から利用することができます。

ただUNEXT TVには動画視聴以外にも、豊富な機能を用意されています。

AVアンプとSPDIF端末を差し込めば、大迫力音量で映画の視聴ができますし、miraCastを使えば、スマホ画面をテレビ画面に投影することも可能。バンダイチャンネルやゲオチャンネルはまだどのデバイスもテレビに対応していないので、テレビでみるなら、miraCastがオススメです。

さらに、microSDカードやLIVE TVを使えば、自分で撮った画像や動画、音楽などをテレビでみることができます。どれもAmazonFireStickやChromecast、AppleTVにはないUNEXT TVだけの独自機能となります。

UNEXT TVは購入できるのは、2016年06月時点で公式ページのみとなります。
購入条件に「ユーネクストプラットフォーム契約が必要」とありますが、U-NEXT会員のことです。わからないことや不明な点があれば、カスタマーサポートでいろいろ聞いてみましょう。

 

UNEXT TVの設定方法(テレビ接続方法)

UNEXT TVを買ってみたので、さっそくテレビに接続していきます。購入方法は現状、電話からの申し込みだけなので、電話から申し込みしました。

 

箱の中身は、UNEXTTV本体、HDMIケーブル、USBケーブル、電源アダプタ、説明書が入っています。リモコンは別箱にて。

unext tv

 

リモコンの薄さはAmazonFireとほぼ同じでした。

unext tv リモコン

 

U-NEXTの方がボタンは多め。

unext tv amazonfiretv

 

HDMIケーブルをテレビに接続して、U-NEXT TVを起動するとWiFi接続か有線接続をするか聞かれます。

unext tv wifi

WiFi接続を選択して、自身のU-NEXTアカウントでログインすると、UNEXTアプリやAmazonFireと同様、初期画面が立ち上がります。

 

unext tv

設定自体は5分程度でしたが、もしうまくいかない場合は、簡易マニュアルを読むかカスタマーサポートに聞いてみるといいかもしれません。

アプリには、カラオケ、USEN、Youtube、ミラキャスト、Live TV、マイメディアが標準装備されています。

unext tv アプリ

 

AmazonFireの場合は起動してもアプリはカラオケのみ。

unext  アプリ

 

UNEXT TVアプリ紹介

UNEXT TVには、Youtube、マイメディア、カラオケ、USEN、ミラキャスト、LiveTVが標準装備されています。USENにはアカウント登録が必要となりますが、Youtubeやカラオケなど他サービスは特に必要なく無料で利用すること可能。

 

マイメディア

unext tv マイメディア

 

microSDカードを差し込むことで画像や動画、音楽など再生できます。

 

ミラキャスト

MiraCcast(ミラキャスト)とは、無線通信によるデバイス伝送技術です。特徴としてルーターの必要なく、WiFiがあればスマホとテレビをミラーリングすることができます。UNEXT TV以外ではELECOMから販売されています。対応端末はAndroid端末とMiraCast対応PCが対応しており、iPhoneやiPadのタブレットで対応していないのでご注意ください。

 

ミラキャストを起動すると、自動で近くの端末をミラーリングを行います。

unext tv ミラキャスト

 

他にテレビで視聴できるデバイス端末

AmazonFireTV

AmazonFireTV(アマゾンファイヤーTV)とは、Amazon社が提供しているメディアストリーミング端末です。代表的なメディアストリーミング端末は、ChormeCastやAppleTVなどがあり、AmazonFireTVは代表格です。規格は、3種類用意されており、リモコン単品でも購入でき、音声付き機能をつけることも可能です。AmazonFireTVの特徴は、ChromeCastとは違い、リモコンだけで操作できるということでしょう。

Chromecast

chromecast(クロームキャスト)とは、Google社が提供しているメディアストリーミング端末です。2016年現在で、第2世代まで発売されており、電気量販店やインターネットから購入できます。視聴方法は、テレビに付属されているHDI端末とchromecastを繋ぐことで、視聴することができます。他には、「Wifi環境」と「スマホもしくはPC端末」が必要となります。デバイス端末の中でも、Chormecastで視聴できる動画配信サービスは最も多く提供されていることも大きな魅了といっていいでしょう。

AppleTV

AppleTVとは、Apple社が提供するメディアストリーミング端末です。現在、第4世代販売されており、3世代までショップで購入が可能です。(2016年4月時点)AppleTVの特徴は、AmazonFireTVと同様、据え置きタイプのストリーミング端末で、Apple社独自のAirPlayが標準で用意されています。第4世代では最大64GBまでストレージ容量を持つことができ、メモリサイズも2GBまで利用可能です。他社と比べても、WiFi規格や解像度も最先端技術が装備されていることも大きな魅力の一つです。

NexusPlayer

Google Nexus Player(グーグル ネクサス プレイヤー)とは、Google社が提供するメディアプレーヤーです。NexusPlayerの特徴は、AndroidTVを視聴できる数少ないメディア端末です。AndroidTVを視聴できる端末はまだ少なく、ソニーやシャープ社のテレビ以外では、視聴することができません。対応アプリはまだ30種類以上ですが、今後増えていくことが予想されます。

 

U-NEXT 関連記事
UNEXTプリペイドの発行の流れ
UNEXTでもHulu同様、プリペイドカードが用意されています。販売場所はコンビニ・ヤマダ電気・ドンキホーテなど複数店舗で購入可能です。UNEXTプリペイドの登録手順について登録手順公式ページへアクセ...
UNEXTでデビットカードは使える?!クレジットカード無しで利用する方法
動画配信サービスを利用する時はどのサイトでも支払い方法を選択しますよね。huluやdTVなんかはデビットカードで支払いができるけど、unextは使えるの?と思ってネットサイトを検索している方も多いと...
UNEXTの支払方法、クレジットカードの支払変更など質問まとめ
引用:UNEXT 月額1,990円で120,000本以上の映画やドラマ、200,000冊以上のコミックや書籍、70誌以上の雑誌など、様々なコンテンツが楽しめるunext。テレビやパソコンなど、場所や使...
UNEXTでPS3を視聴できない?!ゲーム機でU-NEXTを視聴できる対応機種まとめ
様々なデバイスで楽しむことができるU-NEXTですが、残念ながらps3では視聴することができません。では他のゲーム機では視聴できるのでしょうか。気になるので調べてみました。 UNEXTを視聴可能なゲー...
【UNEXT編】ChromecastとAmazonFireTVStickを徹底比較! 用途、性能の違いを徹底解説
引用:http://chromesoku.comUNEXTの動画を楽しむなら、パソコンやスマホの小さい画面で楽しむよりも、やっぱり大画面で楽しみたいですよね。ChromecastやFireTVStic...

スタッフいちおし!ランキング

  • 1位

    1

  • 2位

    2

  • 3位

    3

  • 4

  • 5